Tool warmer

鍛造金型の低温環境による様々なトラブルを未然に防止!!

過酷な仕事には人も金型も十分なウォーミングアップは必要です。
特に温度が低い冬場は念入りにウォーミングアップすることにより金型に起こる様々な突発的なトラブルを未然に防ぐことができます。
ツールウォーマーは簡単かつ短時間で使用前の金型の温度を上げることができるため、よく起こりがちな打ち始めのトラブルを回避することができます。
金型の潤滑処理の装置としても使用用途が広がってきています。

Tool warmer TW-700 仕様

外寸 W700 × 355 × H360
内寸 W500 × 300 × H280
内張 保温繊維シート、アルミシート
加熱部 鉄板(耐熱シリコーン塗装)
重量 25kg(耐荷重80kg)
定格 AC100V / 400W
最大温度 200℃
調節機 60℃~200℃ 温度ヒューズ250℃
その他 温度設定、運転タイマー付き / 屋内使用の為水濡れ厳禁

用途と期待できる効果

  • 加工初期時の製品寸法、形状のバラつき抑制効果
  • 低温時に発生する突発的な型破損の防止効果
  • 工具寿命の安定化
  • 加温による潤滑処理用途
・省スペース
コンパクトに作られている為、一般的な台車で移動可能です。ご使用になられる設備のすぐ横でご使用下さい。
また内寸も一般的な鍛造用金型が設置できるサイズに設計されている為、複数個同時に加工が可能です。
・簡単操作
難しい操作は一切なく、設定温度を決めスイッチを回すだけで簡単に操作が可能です。
加温する対象物も加温板に載せるだけで設置が可能です。
また、加工時間をタイマーにて設定可能なので、設定時間での入り、切りができます。
・安全性
温度調整機とヒーター本体の温度センサーによって温度の上がりすぎを防止します。
金属製の内貼りや断熱材により万が一加工品が暴発しても安全です。
加熱対象から油や水分が流れ出したとしても加温部がパン構造になっているため、流出を防ぐことができます。
・経済性
AC100Vにて作動するため、一般的なコンセントを利用しての加温が可能です。
また通常の加温器、加熱機に比べて消費電力が低いので経済的に使用ができます。
またタイマー設定により加熱したい時のみ動すことが可能です。