塑性変形シミュレーション用モデル材料

Floss

Floss 塑性変形シミュレーション用モデル材料 【特許第5181120号】

金属が変形を伴い流れていく様子、内部欠陥が発生する様子を実際に見てみたいとの要望から開発された材料で、デンマーク工科大学で開発された塑性加工シミュレーション材料を基に当社と鹿児島県工業技術センターにて独自のノウハウを盛り込み開発された全く新しい変形実験シミュレーション材料です。JHWが製造販売のライセンスを受けており、原材料の調達、製造を一貫して行うことにより安定した品質を得ることが可能になりました。

用途

  • 冷、温、熱間鍛造品のシミュレーション用として
  • プラスティシンの代替え品として
  • CAEとの検証比較用途として
  • 金属以外の塑性材料のシミュレーション用として
  • 教育用材料として

特徴

  • 加工硬化指数(n値)を変えることができるので様々な材料に適応できる。(Wタイプのみ)
  • WAXベースの材料で作られているので実金属の1/1000以下の力で変形することができ簡易に試験ができる。
  • 任意の形状に簡単に加工ができます。
  • 幅広い標準品から用途に応じて選択できます。
  • 化学物質を使用しておらず原料はすべて自然にあるものを使用している為人に優しく環境負荷がありません。
  • 特別な技術や知識を要しない為誰でも簡単に使用できます。



具体的使用事例

  • 鍛造製品のレイアウト検証
  • 新製品の開発の検証
  • 圧延製品の材料流動検証
  • 金属製品の内部欠陥の検証
  • 板鍛造品の検証
  • 学校用教育資料

※YouTubeにて動画を公開しています。こちら

*実金属の鍛流線

*実金属の鍛流線

材料種類

Floss-W

ワックスベースの材料にミネラル成分の材料を混合して作られており環境、人体に対して無害です。

〈特徴〉
・常温では加工硬化の特性を有します
・弾性があり、加工後スプリングバックします
・温度、添加物の調整により加工硬化の特性が変化します

Floss-C

クレイ(粘土)に添加物を混合して作られております。Floss-wと同様に環境、人体に無害です。

〈特徴〉
・弾性が無く定常変形特性を有します
・含水量により硬度や延性が変化します
・n値の調整はできません


塑性加工シミュレーション実験装置 FORTEX VS-1 Experimental equipment for plastic working by model

金属をモデル材料に置き換え、塑性流動を目視・観察する。

実験手法

pr_15_img03

装置仕様

大きさ 450mm×500mm×1730mm
重量 120kg
電源 単相交流・100V
タッチパネル パンチ・パンチピンの速度と位置の設定
パンチ・パンチピンの駆動のタイミング
パンチ・パンチピンの加工荷重の表示(OPTION)
サーボモーター トルク制限機能内蔵
最大成形荷重 2000N
最大成形ストローク 100mm
カバー 開閉センサー機能
手動ジョブ 微動コントロール装置

※目的に応じてご選択ください。
※機器レンタル可能です。詳しくは当社営業までお問い合わせください。